ビジネスマンの皆さまへ捧げる読書日記

私が読んだ本のなかで役に立ちそうなものを紹介します

「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」を読んで(2)

 

前回に続きまして、「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」について書きます。

 

ちなみに前回の記事をご案内します。 

 

www.verdancies.net

 

 

★ 目次

 

 

 

現実的楽観主義者になる

目標達成を簡単に考えてはいけない。目標に価値があるものは、その分時間、計画、汗、辛抱が必要になります。
「簡単にできる」や「簡単に手に入る」と考えると失敗する確率が高くなると言われており、これはそう考えることで油断をしてしまい、必要な準備を怠ってしまうためです。

「目標は達成できる」と信じるのは大切なことだが、「目標を達成するにはそれなりに困難が必要だ」と考えることも大切です。

「成功するのは大変なことだ」と考える人は、惜しみなく努力し、問題が起きることを予見し、対処方法を計画し、いざ問題が起きたら粘り強くことに当たります。その結果、成功にたどり着くのです。

「現実的な楽観主義者」になるためには、以下の 2 つが必要です。

  • 自分の前に横たわる課題や困難から逃げないで、しっかり見つめること
  • 課題や困難がどの程度のものなのかを検討すること

 

 成功するまでのステップと取るべき行動をビジュアリゼーションする ことに取り組むといいのです。

「プランAがだめなら、その次のプランBは?」といったように、多くの選択肢も考えておいて、目標達成へは寄り道や抜け道も考えておく人が最終的に目標達成するのです。

 

 

「成長すること」に集中する

次の 2 つを信じることが大切です。

  • 自分には成功する力がある
  • 今できなくても、できるようになる


目標を設定するときは「今、何をできるのか」ではなく「これから、何をできるようになりたいか」 を考えるようにします。

目標は、自分の能力を証明するためにあるのではなく、自分を向上させるためにこそある、と考えます。

 

「新たなことに、自信と活力を持って挑戦する方法」とは、「失敗してもいい、と開き直る」 ことです。

「失敗してもいい」「失敗なんて何でもない」と考えると、実際に失敗する確率は大幅に低くなると言われています。

 

目標には、2つのタイプがあります。

  • 「証明ゴール」・・・ 自分にはそれをする能力がある、私はやり方を知っていることを証明するタイプ
  • 「成長ゴール」・・・能力を伸ばして、今までできなかったことをできるようにするタイプ

 

「成長ゴール」の考えでは、目標に向かっているときは、そこで出会う困難を「学び」という視点で捉えます。
もし失敗をしても「ひとつ学んだ」と思うことで、モチベーションを維持できます

 

「成長すること」にフォーカスすることで、 誰でも自分が成長している実感があるとき、仕事を心から楽しみ、喜びを感じることができます。 

仕事で困難や混乱、思いがけない障害に出会っても、やる気を奮い立たせてくれるのは「興味を持って、仕事を楽しむという姿勢」と「自分の仕事には価値があるのだという信念」です。

人は、自分が興味あることには、なかなか疲れを感じないものです。興味がある課題に取り組む人は活力が高い状態を維持できるのです。
さらに興味を持って取り組んだ人は、それに続く仕事でも良い成果を上げることができるということも明らかなっています。

やるからにはそのことに興味を持ち、価値あることだと信じることが大切です。

 

 

 

「やり抜く力」を持つ

「やり抜く力」とは、困難にも屈せず、長期的な目標達成に向けて全力を尽くすを意味します。「グリット」とも呼びます。

「グリット」という言葉は、「長期目標に向かうときの粘り強さとやる気」を意味します。

 

どの分野においても「成功した人は、数千時間にわたって、目的に沿った練習を地道に続けている」ということが、これまでの研究から明らかになっています。

こうした地道な努力を可能にするのが「グリット(やり抜く力)」です。

目標に向かうときは、投げ出してしまいたくなる瞬間や、つらい気持ちになったり、どうしても気が向かなかくなったり、ということがあります。

 

こうしたとき、次の 2 つの考えがあります。

  • 固定的知能観 ・・・ 「うまくいかないのは自分に能力がないせいだ」と考えて、私には向いていないと考えます。
  • 拡張的知能観 ・・・ 「努力不足だった」「戦略を間違えた」「プランを練らなかった」などと自分の努力や行動のせいにします。

拡張的知能観で、自分でコントロールできることに原因があると考えることで「成功は自分のがんばり次第」と信じることが大切です。

 

 

 

 

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

  • 作者: ハイディ・グラント・ハルバーソン,林田レジリ浩文
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る